Hjertelig velkommen!

子育てメインの雑記ブログ。1歳の娘と夫との日々や、考えたこと、好きなもの・ことなどについてつらつらと。本と音楽とカメラが好き。

ベビーベッド卒業後。娘だけでなく夫婦も幸せな方法を考えたらIKEAの伸長式ベッドになった。

この記事をシェアする

我が家ではこれまで、

夫婦がダブルベッド、ぽよがミニサイズのベビーベッド

3人同じ部屋で寝ていました。

しかしとうとうぽよ、ゴロゴロ転がって柵にぶつかりまくるようになったためベビーベッド卒業です。

 

そもそもわたしは睡眠に対しては少々こだわりがありました。

結婚するとき「将来別々で寝たい時が来るかもしれないからシングル×2にするべき」

という意見も多く見聞きしたものの、

「夫婦は一緒に寝るべき。ケンカして別々に寝たいと思うことがあっても『一緒に寝ざるを得ない』という状況にしておくべきで、シングル×2のように逃げ道を作ってはいけない」

という信念のもとダブルベッドを購入。

実際、ケンカしたときも同じベッドで寝ていればベッドに入った時や起きた時、ふと手をつないだりなんかするとなんとなく許せてしまう、ということもよくあるので、今のところこれでうまくいっているなぁと思っています。

 

ちなみに、せっかくだからいいマットレスにしようと家具屋さんをめぐったりメーカーのショールームまで足を運んだりして、やわらかめだけどしっかり身体を支えてくれるマットレスに出会い、それまで悩んでいた腰痛や悪夢にうなされるとか、日中病的に眠気が襲ってくることがパタッとなくなりました!
睡眠環境って本当に大事なんだとしみじみ感じています。

 

妊娠してからベビーベッドにするか布団で添い寝にするか考えたときは

「2人の子どもなんだから、赤ちゃんが夜中泣いて夫が起きてしまうのは仕方ない。キリッ」という若干フェミ的思想や

(今は夜泣きがひどい時のみぽよを連れてリビングに避難しています)

「子どもが生まれても家庭の基盤は夫婦。夫婦は一緒に寝るべき!」

という欧米かぶれ思考により、母子が布団で添い寝案は一瞬で却下。

 

ただ、寝室がもともと狭い上、

狭い家にふさわしくない横幅の広いチェストがあるため(他の部屋にも移動できるスペースがない)

普通サイズのベビーベッドにするとクローゼットが片方開けられなくなるΣ(´∀`;)

 

ということで、使える期間が若干短くなるのは承知のうえで、とりあえずミニサイズのベビーベッドにし、使えなくなったらそのとき考えよう!と、問題を先送りにしていました。

 

が、とうとうベビーベッド卒業。

今後についていろんな可能性を考えてみました。

 

案1:ダブルベッドで3人で寝る

即却下。

狭い!それにマットレスが柔らかいためぽよの窒息や背骨への影響が心配。

 

案2:ベビーベッドを撤去、空いた床に布団を敷いてぽよのみ床で寝る(ベビーベッドよりは広くなる)

2日ほど試して却下。

まずぽよだけ低いところに寝ることに抵抗があるし、ほこりも気になる。ぽよも、大人のベッドやチェストなどの高いものに囲まれるのが怖いのか、夜起きたときに泣き方がかなり激しい。

 

案3:夫婦が一緒に寝るのは諦め、母子のみ別室で布団で寝る

2日ほど試して却下。

別室はそもそも物置部屋状態で物が多いし、壁一面本棚なので地震があったときのことを考えると不安。

そしてやっぱり、完全に夫婦が別になることに抵抗やさみしさを感じる。(「ちょっとさみしい」と漏らしたところ、夫も同じように感じていたよう)

「母子がダブルベッド、夫が別室」案についても、別々に寝るのはさみしいことや、ダブルベッドのマットレスの柔らかさ問題は解決されないため却下。

 

ということで、

案4:横長のチェストを処分、縦長のものを新たに購入してスペースを空ける。空いたスペースに子ども用ベッド(大人用より少し小さめ)を置く案を検討するためベッドを探しに行くことに。

 

ニトリや無印を見ましたが、日本ではそもそも「シングルサイズのベッドで寝られるようになるまでは布団で寝る」という考え方なのでしょうか、子ども用のベッドというのはありませんでした。

うちの寝室にシングルサイズのベッドを置こうと思うと、チェストなどの収納が何も置けなくなるし、部屋の横幅いっぱいいっぱいになって歩くところがなくなってしまう。そもそも子ども用ベッドって発想がどこから出てきたんだっけ、と思ったらIKEAでした。

70×160のコンパクトかつ安価なものや(↑は約7,000円)

 

 80×200cmのものがありました。

 

「横幅70cmって、普通サイズのベビーベッドと同じかぁ。ちょっと狭いかな」

「長さ200cmって、大人のシングルサイズと同じ!?でかいなーならシングルサイズでもいいのかな」

と悩んでいたら、

80×200cmの方は長さが変えられ、最短130cmで使うことが可能でした!

これなら最初は130cmで使えばいいし、将来もっと広い家に住んだ場合200cmにすればかなり大きくなっても使える!

(長さ的には大人になっても使える!)

 

そして気付きました、長さ130cmであれば、

クローゼットの扉を片方開かずの扉にすれば、チェストを捨てなくてもベッドが置けるのでは…!

 

…と、いうことで、

チェストについては処分せずとりあえずそのまま使い続けることにし、

クローゼットは片方開けられなくてもなんとか使えるように中の配置を工夫し、

無事3人同じ部屋で寝られることとなりました!

 

OI001493.jpg

 

OI001495.jpg

ぽよも嬉しそう。

 

OI001499_20160523160721179.jpg

80×130で広さはこんな感じ。

わりと広々としていて、のびのび寝ています。

大人のベッドとの隙間にはクッションやぬいぐるみを。

 

チェストについては、

結婚するときに母とIKEAに行き「これいいんじゃない?」と言われてなーんにも考えずに買ってもらったものなのですが、 

「狭い家に大きなものを置いてスペースを無駄にするなんて、

チェストを捨てること以上にもったいないことだ!」

と完全に断捨離モードになっていたものの

 

「せっかく結婚にあたりそろえたものなのに」

「買ってもらったものなのに、まだきれいなのに捨てるなんて」

「今の家では邪魔でも、次引っ越したら問題なく置けるかもしれない」

とモヤモヤがあったのも事実。

 

不要なものをガンガン捨ててスペースを作ることも大事ですが

物を大切に使う、ということもやはり大切ですもんね。

 

クローゼットが片方開けられなくなる、という不便さよりも

とりあえずチェストを捨てずに済んだ、という安堵の方が今は大きいので

現時点で我が家でできる最善の方法がとれたのでは、と満足しています。

 

最近の悩みの種だったので解決したことが嬉しく、

またこの件を考えたことで自分の睡眠に対しての思い入れに改めて気づき、

長々と書いてみました。

 

…とりあえず、広い家に住みたい!!

狭い家なのに電子ピアノ置いてたり一室の壁を一面本棚にしていたり、

広さと物の量が見合っていなくて狭さにイライラすることが増えてきました(^_^;)

しばらくマイホーム購入の予定はない我が家ですが、

最近めっきり家のチラシに目がいくようになってきました。。。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

にほんブログ村