Hjertelig velkommen!

子育てメインの雑記ブログ。1歳の娘と夫との日々や、考えたこと、好きなもの・ことなどについてつらつらと。本と音楽とカメラが好き。

産院のマザークラスが、産後初の夫婦2人での外出だった話。

次女ぴよさんの出産前の話になるのですが、

産院のマザークラスに夫婦で参加してきました。

マザークラスとは、入院準備やお産の流れについて等の話を聞いたり、呼吸法やその補助の練習等をする教室です。

「立会い出産を希望するならご主人もなるべく参加を」と言われたので、夫が実家に来てくれる日に合わせて参加の予約をしていました。

 

ぽよとのバイバイ、不安だったけど

実はこの日は、里帰りしてから初めて夫が実家に来た日。

マザークラスは午後からで、夫は正午ごろ最寄り駅に到着したので

私・ぽよ・私の両親で車に乗って駅まで夫を迎えに行き、そのまま産院に向かい私と夫のみ降ろしてもらう、ぽよは両親とおでかけ というプランにしていました。

駅で夫が車に乗り込みぽよの隣に座ります。

以前の記事にも書いていたのですが(【2歳前後】謎のぽよ語録。)、

パパに会えて大喜びかと思いきや、こわばった顔で唇を歪ませ、静かに静かに涙を流すぽよ。

これはさぞかし産院でバイバイが辛いだろうなぁ…なんて心を痛めていたのに、いざ私たちが車を降りると、ケロッとして「バイバイ」と言い放ちました。

なんか、強くなったなぁぽよ。

 

マザークラスで照れる

いざ指定された部屋に入ってみると全部で20組くらいの夫婦が座っていたのですが、みんなやたらと初々しく見えるというか、なんか雰囲気が恋人っぽい。

体の距離が近かったり、優しい眼差しで一緒にお腹を見つめていたり。。。

その後の自己紹介で判明しましたが、経産婦は私を含め3人のみで、あとは初産の方だったようです。

どうりで!と納得しつつも、私たちはそんな雰囲気から遠ざかってしまったのかなぁ…と寂しくもあり。

 

そうこうするうちに始まったマザークラス、参加者が多かったこともあり、全2時間のところほぼ半分が自己紹介で終わり(ちょっと不満)、

後半は陣痛の際の呼吸法やマッサージの練習でした。

が、これがこっ恥ずかしくて。

初めは夫と妻が縦に並んで座り、妻が深呼吸するのに合わせて夫が妻の背中をさするという程度だったのですが、

そのうち、妻が横になり夫が腰をさするとか、妻のお尻の穴あたりを拳で押すとか(いきみ逃しの時にやるやつですね)、

しまいには夫があぐらをかき、その足に妻が頭を載せて仰向けになり、足をぐっと開いて夫の手を握る、と!何かと思えばいきむ練習ですって。 夫の手は分娩台の手すりの代わりだと。汗

大勢の人がいる中でこんなにスキンシップをとるとか、恥ずかしすぎるんですが。(;´Д`)

でも、夫と2人で「こんなん実際痛くならないと、どこをさするとか、さするのがいいのか押すのがいいのかわからんよねぇ…」などとぶつぶつ言いつつ、

こういう「恥ずかしい!」っていう感情や触ることにちょっと緊張する感じ、なんだか恋人時代に戻ったようだなぁと、照れくさくも少し楽しかったりしました。

 

 

また2人の時間を持ちたい

出産後にも、初産の夫婦と二人目以降の夫婦ではやっぱり雰囲気が違うなぁ…と感じることが。

まず、新生児室を2人で覗く様子が、初産の方たちはやはりまだ恋人っぽさがあるのです。寄り添い方の違いでしょうか。というか、二人目以降の人達は(うちも含め)寄り添わない…か。

それから、平日の夜に仕事終わりに面会に来る旦那さん達の雰囲気がなんだか違う。なんなんだろう、ウキウキしているというか、デートに向かう姿のように見える。とてもフレッシュな感じがする…。

私たち夫婦、(ケンカなどしてピリピリしてない時は、ですが)それほど仲良し感失ってないつもりだったのですが…やはり失われていたのね…。

 

でもそれも当然、よく考えてみたらそういえばマザークラスが、子どもができて以来初めての夫婦のみでの外出だったようです。

(え!?ほんとかな…。でも、預けて出かけたことないからほんとなんだな…。なんかびっくり。)

出かける先が産院のマザークラス、というのはちょっとさみしいというか色気もなんもあったもんじゃないぞと思うのですが、

この短い時間で恋人感を少し思い出せたというのはちょっとした発見で、

今後できればまた夫婦だけで出かける時間を作りたいなぁ、それがいい夫婦関係を保つのに役立つんじゃないかなぁと思ったりしました。…なかなか難しそうだけど。

 

2人だけで出かけるのは難しいとしても、卒乳後に2人でゆっくり家飲みするというのもいいなぁ。かつては週末2人で飲みにいくのが趣味だったのだし。

あぁ2人で焼き鳥屋行きたい。

 

ちなみにぽよは、昼寝もせずにじーじばーばとショッピングモールで遊び倒し、ばーばの抱っこで寝落ちしてしまうほど疲れ果てていたらしく、お迎えに来てもらったときにもチャイルドシートで爆睡だったのでした。

実家が近ければこうやって預けて外出ってけっこうできちゃうもんなのかな。(でも、デートしたいから預かってって、日本人はなんだか言いにくいですよねぇ)

 
f:id:AEKA:20171016181049j:image

 

・・・・・

 

とりとめもない話でしたが、自分の中でちょっと大切にしたいできごとだったので書いてみました。

ケンカしたときはこのときの照れくささやちょっとしたドキドキを思い出したいなと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村