つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph


最近の家事タイムのお供はもっぱらアニメです

私は料理が好きでなく(言い切る)料理している時間を少しでも楽しくすべく、Bluetoothイヤホン&スマホ/タブレットを使って動画を観ています。

きっかけは確か、TOEIC受験前にイヤホンでリスニング問題を聴くようになったこと。それまで料理中に何か聴いたり観たりってしてなかったのですが、なんとか勉強時間を捻出しようと思って始めてみたら意外によかったのでした。

受験後には開放感から英語を聴くのをやめ、英語学習用にと契約していたNetflixでアニメを見始めたのですが、イヤホンをするだけで自分だけの世界に入り込める感じにハマってしまい、今では料理タイムが少し楽しみになるほどです。他にある程度まとまった時間を使う家事である、洗濯物干しの時間にも観ています。

アニメ以外にも試してみたけど、結局アニメがちょうどよくってまた最近戻ってきました。

 

アニメ以外を試した結果

いきなりですが、まずアニメ以外を挫折した理由から。

海外ドラマ

字幕を見ずにほぼ耳だけでストーリーを追えるほどリスニング力がなく、断念。。料理中ってあまり画面を凝視できないのですよね…

その点TOEICのリスニングパートは割と聞きやすかったのです。形式も決まってるし、実際の会話より遥かに聞き取りやすい英語だし。。

一応前回受けたTOEICではリスニングパートが満点だったのですが、それでも全然海外ドラマ聞けるレベルではありません、残念ながら。。。

映画

長くて一度に見終われないし、そもそもあまり料理しながら観たいという気にならない。

あと映画は音量のレンジが広く、かなり音が小さい部分もあり耳だけに頼るのは厳しい。

国内ドラマ

アニメに比べ1話が長く、夢中になってると肝心の家事にダラダラ時間をかけてしまう。

あとアニメに比べると俳優さんの表情だったりカメラのアングルだったりと映像のみで見せる部分も多く、ほぼ耳だけに頼るのは難しい。

1話の時間が長いせいかストーリーの進みがゆっくりに感じてもどかしい作品もある(特に原作があるものは。読めばすぐなのにー!と)。あと原作があるものは「どうせ原作よりヒューマンドラマ仕立てにしたり恋愛要素足したりしてるんでしょ」ってうがった見方をしてしまうことも…

 

そういえばYouTubeはあまり試していません。もともとあまり使ってなくて、わたしの文化にないというか…。何か知りたいことがあって見始めても、余計な導入トークなどにイライラしてしまうことが多いのです。

YouTubeを使うのはミュージックビデオやライブ映像を見る時がほとんどですが、これはじっくり見たいので家事中には向きませんね。

家事時間にアニメがちょうどよかった理由

1話の時間が短め(1話20分ちょい)

どっぷり浸かりすぎて時間を忘れることがあまりないし、続きが気になっていても切り上げやすい。ちょうど真ん中でCMの区切りがあるし。

聞き取りやすい

ドラマに比べるとセリフの音量が一定で聞き取りやすい気がする。あと声優さんの声がいわゆるアニメ声って感じではっきり通るので聞き取りやすく感じる。

以前はアニメ声な声優さんの声が苦手に思ってたこともあったのだけど、プリキュアによりだいぶ緩和されたというか、むしろ興味を持つようになった。

映像をあまり観られなくても気にならない

アニメの絵柄にはそれほど興味(というか執着?)がないのと、ドラマに比べると「映像を見逃したらストーリーがわからない」ってなることが少なく感じる。

なんというか、わたしの中でアニメというものを「原作マンガのストーリーを”ながら”で追えるように置き換えてもらったもの」な感じに捉えてるみたいです。

本来わたしが好んできたコンテンツは小説・マンガ>ドラマ・アニメで、ストーリー重視なのでそこまで絵柄に執着がなくどんどん読み進めたいタイプ。

だから本当はできればマンガで読みたいけど、買うのも借りるのもお金がかかるし、そもそも今「読む」って動作をする時間があまりないので、代わりに定額で見放題のアニメをながら観してるってイメージです。

(それでも「これマンガや小説で読んだら遥かに短い時間でストーリー追えるのに」って思っちゃうこと多し。効率厨…)

これまで観たアニメ

アニメアニメ書いてますが全然アニメには詳しくなくて(先述のとおりマンガ・小説派なので)、観とくべき名作とか全然わからず適当に観ています。

ピアノの森

確か、恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』を読んで、おもしろかったんだけどどうもイマイチハマりきれなかったなぁと(好きな方すみません)レビューを読み漁ってるときにタイトルをよく見かけて気になったのがきっかけ。

アマプラに入っていないんだけど、そのときたまたまNetflix契約中だったので観ました。

おもしろいんだけど、どうもやっぱり天才が主人公だといまいち共感できず入り込めないとこがあるかもです。。 

ヲタクに恋は難しい

原作マンガが好きなので見てみました。ストーリーが前後してる部分はあるものの、かなり原作に忠実で違和感なく見られた。

やっぱりマンガがいいけどね!最新刊もよかった〜

sumikaのオープニング曲がとてもいいのです!


Wotaku ni Koi wa Muzukashii OP Full【AMV Lyrics】 〈 Fiction - Sumika 〉

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

なんとなく目に入ったことと、Twitterフォローしてる方がハマってると書いてて気になって。

まずオープニングテーマでやられた。鈴木雅之のオリジナル曲ですよ。世界観ぴったりで素晴らしい!

www.youtube.com

www.youtube.com

最初はただただ会長にキュンキュン、次第にストーリーに深みも出てきて見入ってしまいます。

かくしごと

かぐや様がリアルタイムの放送に追いついてしまい、最新話が待ち遠しすぎたので同じくリアルタイムで放送中のものをもう一作見てみることに。

ほのぼの癒されつつ適度に先が気になる構成。エンディング曲の大瀧詠一『君は天然色』がなんともさわやかかつノスタルジック。

www.youtube.com

鬼滅の刃

タイトルを聞かない日はなく、一般常識として(!?)知っておくべきかなと思い。

最初はグロすぎてむりー!って思ったけどやはり面白かった。でもしかしグロ。。いつもディズニーやプリキュアといったやさしい世界に生息してるので耐性がなかった…

スーパーですら流れてるこの曲が鬼滅か、と理解。

www.youtube.com

のだめカンタービレ

アマプラで見かけて懐かしいなあと思って観始めたものの、マンガ読んでるしドラマも見たしで更にアニメに求めるものってあまりないなぁと、脱落。主題歌はすごく好きです。なぜかCD持ってる。

Allegro Cantabile

Allegro Cantabile

  • SUEMITSU & THE SUEMITH
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 四月は君の嘘

のだめを脱落したものの、何か音楽系が見たいなぁと思ったのでリサーチしてたどり着いた。

面白く観てたけど、「嘘」の部分や主人公の生い立ちにちょっとだけ冷めちゃったことも否めない。。

音楽モノは、才能溢れる主人公が何かのトラウマで思うように演奏できなくなる、というストーリーが妙に多い気がするなぁ…。死をからめたり。

オープニング曲がとても好きです。

www.youtube.com

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

アマプラを徘徊してて、有名作だよね、名前聞いたことあるなぁと思って観てみたもの。そんなにハマったわけではないけどなんとなく最後まで見ちゃった。

エンディング曲がsecret baseのカバーでノスタルジー。

www.anohana.jp

響け!ユーフォニアム

現在進行形で視聴中。懲りずに音楽系のものが観たいなぁと検索してて気になったもの。アマプラに入っていなかったから諦めていたけど、 U-NEXTのリトライキャンペーンの案内が来てたので1ヶ月限定で加入して観てみることに。

京都の話なのに京都弁じゃないのかぁと残念に思うも、部活漬けだった高校時代を思い出して涙が出そうになること多々。

主人公たちが普通の高校生で等身大なので感情移入しやすいように思う。

anime-eupho.com

今のところこんな感じです。

U-NEXTの無料期間で間に合えば、次は『僕のヒーローアカデミア』を観たいなと思っているところ。(これもなんとなくタイトル聞くので…)

その次はどうしようかな。もしおすすめアニメあるよって方がいらしたら、ぜひとも教えて下さい!

 

筆者:あえか(id:AEKA)
自由につづり、自由に描く。