つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph

読書サークル改め【はてな読書会】。第1回活動報告

 お題「はてな読書会」

 

以前より告知していました読書サークル、だいたい5月6日までとしていた第1回目の期間が終わりましたので、簡単にではありますが活動報告としていただいた記事やコメントのまとめをしたいと思います。

 

と、その前に。

サークル名を決めました。「はてな読書会」です

これまで曖昧に「読書サークル」と呼んできましたが、せっかくなのでもっと愛着を持てるように、サークル名をつけたいなと思いまして。

勝手ながら「はてな読書会」と命名いたしました!安直!

はてなブログ以外の方にもどんどん参加していただきたいので「はてな」とつけるのはどうかな?とも考えましたが、ベースとなる活動場所がはてなブログということで。

ついでにマイお題とやらも作ってみました。

 お題「はてな読書会」

↑のリンク先の「このお題で記事を書く」ボタンを押して頂けると簡単に参加できるというわけです!もちろん私やメンバーのブログのリンクを貼っていただくのでも構いません。

なんだかこういう作業楽しくて、一人で盛り上がっております。ぜひマイお題お使いくださいね。

 

というわけで前置きが長くなりましたが、第1回の報告です。

 

f:id:AEKA:20180509011554p:plain

 

 

第1回課題図書

 

もしくは↓でもOK

もしくは↓のTED動画でもOK、ということにしていました。

www.ted.com

 

 寄せられた記事

マキロ (id:hayabusacoffee)さん

 

わたし


はむ子 (id:putioham)さん


にしこ (id:discovering)さん


以上の4記事が集まりました!

合わせて、偶然ですが同時期に内向型について書かれたかよ (id:know-your-rights-1026)さんの記事もご紹介させていただきます。

 

また、過去のものなのですが内向型についての記事を読みまして、とてもよかったのでご紹介させていただきます。

www.rintoyawaku.com

 

 

いただいたコメント

まず、とっても嬉しいことに!!

 『読書サークル始めます』の記事に、にしこさんよりこのようなコメントをいただいたんです。

なんて素敵な企画っっ!と思い、参加させていただきたい一心で、ついにはてなブログを開設してしまいました(笑)
こういったサークルが本当に欲しくて、地域で探したものの、田舎住まいでそもそもママさんも少なく・・・。
ブログ上で読書サークルだなんて、とてもワクワクします(^^)

 まさにこのサークルを立ち上げた目的が、このような思いを持った人で何かできないか…ということだったので、このコメントをいただいたとき、本当に嬉しかったです。

しかも、このためにブログを開設していただけたなんて!!感激です。

早速素敵な記事を書いていただきありがとうございました!

 

はなさん、りんごさんより

私も今まで内向型であることをコンプレックスに思い、変わりたいと空回りし続けていたのですが子育てをする中で、自分自身と向き合い受け入れていきたいと思うようになりました。

はなさん

 

そんな社交的に慣れない自分は劣っていると思っていたし、どうにかしないともがいている時もあったけど、子供が生まれ自分と向き合う場面が増えるにつれ「それが自分」だと少しずつ思えるようになってきました。
そういう性格の違いが、暗い人だからではなく「内向的」「外交的」という違いから生まれている、というのがとても新鮮でした

りんご (id:ringo_co)さん

 お二人とも内向型で、やはり私と同様それをコンプレックスに感じていたとのこと。

もう、本当に、憤ります。単に「違い」なだけなのに、どうして内向型の側は劣っていると感じないといけないのか。

内向型・外向型ということ以外でも常々思うのですが、「違い」をどちらが上・下とするのではなく、ありのまま受け入れられる社会であってほしいと心から願います。

 

ただ、お二人は子育てをする中で自然とそんな自分を受け入れられるようになってきたとのこと。すごいなと思います。

恨みがましく昔の話を掘り返した自分が恥ずかしく思えるほど。

私も前に目を向けて、自分の活かし方をもっと探っていきたいです。

 

あやさん

私は外向型か内向型か、どっちも当てはまる気もするし、どっちも当てはまらない気もするなぁと思ってチェックリストをしてみたら、YES10個・NO12個で、なるほど、という感じです(^ ^;
人と関わる仕事なので、関わる相手に内向型がいた時にもすごく役に立ちそうな内容で、復帰に向けてもとても勉強になりました(*´U`*)

あやさん

 あやさんは診断テストがほぼ半々だったとのこと、両向型ということですね!

自分と違うタイプのことを理解しようとするのってなかなか難しいことだと思うのですが(私は外向型を理解しようとあまりできていない)、お仕事に役立ちそうだと思ってくださったとのこと。どちらの気持ちも理解できる両向型、たくさんの人と関わる仕事には向いているんじゃないかなという気がしました。

 

皆様コメントありがとうございました!

 

第1回目を終えてみて。

まず、個人的な話になりますが、やっぱりサークルという形で半強制的に本を読む機会を作ったことはかなりよかったです。

というのも、4月、娘たちが風邪をひいたり、それが私や夫にもうつったり、私が食中毒らしき嘔吐下痢で苦しんだりと、思うようにやりたいことをやれない日々が続いたのですが…、期限を決めていたおかげで本を読もうというモチベーションが維持できました。

不思議なもので、1冊読み切って記事も書き終えると、もっともっと読みたい!という欲がどんどん湧いてきています。

サークルの課題図書以外にもどんどん本を読みたくなっています。

 

そして、やはり同じ本についての複数人の記事を読めるというのは、同じものを読んでも感じ方や記事の書き方が様々なのだなと改めて勉強になりました。

私の場合、時系列では

本をほぼ読み終える→マキロさんの記事を読む→本を読み終える→自分の記事を書く→はむ子さんの記事を読む→にしこさんの記事を読む

だったのですが、マキロさんの記事を読んでは感化され、自分で書いたあともはむ子さんやにしこさんの記事を読んで考えさせられ、自分の記事を読み返してもっと書いておきたかったことが見つかり…と、自分だけでレビューを書くよりも断然考える機会が多くなりました。

せっかく「サークル」と銘打っているので、自分が記事を書き終えたあとでも、追記するとか新しく記事を書くとかして考えが深まったことを書き留めてもいいような気がしました。面と向かってのサークル活動のように、人の意見をもとに議論するイメージで。

このあたりは今後検討していきたいところです。

 

こんなところで第1回の活動報告は〆とさせていただきます。

次回もとっても楽しみです!

 

第2回のお知らせ。

マキロさんからの課題図書はこちらです!

どんな子どもにも、持って生まれた「気質」があります。その気質は大きく分けて「5タイプ」。
この「気質のタイプ」が分かれば、パパママの不安やイライラが解消し、子育てがグンと楽になるのです!
親を悩ませるような行動も、子どもが持つ素晴らしい個性。子どもの個性を尊重し、才能を伸ばす育て方がわかります。

Amazon.co.jp

 この内容紹介から伝わってくるメッセージ、まさにマキロさんのブログそのもののような気がします。

私も「子どもの個性をありのまま受け入れて尊重し、個性を伸ばしたい」と常々考えているにもかかわらず、最近はめっきり「どうして○○なの?」とイライラしてしまうことが増えていて。

この本を読んで初心を思い出すと同時に、もっと自分の子のことをしっかり理解し、適切な接し方を学びたいです。

 

開催期間

ざっくり5月7日(月)~5月27日(日)の3週間としたいと思います。

(告知が遅くてすみません。。)

でも期限を過ぎても自由に記事を書いたりコメント下さったりしていただければと思います。

 

参加方法

記事を書いていただける場合:

この記事を言及していただく、もしくは

 お題「はてな読書会」

ここから記事を書いてください。

 

コメントでの参加の場合:

誰の記事でも構いませんので、本を読んだ、もしくは記事を読んだ感想をお気軽にコメントしてください(^^)

 

それでは、次回もはてな読書会をよろしくお願いします(*^^*)