つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph

専業主婦が辛くなってきているのでいろいろ妄想。

先日、専業主婦が2歳の子どもをベランダから落として死亡させてしまうというニュースがありましたね。
こういう事件がある度に、めちゃくちゃ辛くなってボロボロ泣いてしまいます。。
2歳の子どもが最後に見たのが自分をベランダから放り投げる母親の顔だったなんて悲しすぎるし、
夫が家にいながらこのような行動に出てしまったということは、育児のストレスから夫婦関係が悪くなっていたことに起因するのではないかと想像してしまい、そうだとしたら自分にも心当たりがありすぎて、
この人の行動を肯定することは決してできないけれど、取り返しのつかないことをしてしまうほど追い詰められるという状況はとても理解できて、それがまた辛い。
私はこれまで直接子どもに手を出すなど危害を加えることはしていないし、今後もそれは絶対にしないと思うけど、
積極的に手を出すのではなくとも、例えば言うことを聞かずに走り去る娘を「もう知らない!!」と追いかけずに放置してしまい、結果事故に遭う…などは大いに有り得る話で、
何があっても子どもの身の安全だけは守らねば、と気が引き締まる思いです。
 

 

 
この事件と直接の関係はないのですが、こういう類の事件がある度に、
専業主婦というのはある意味健全でない…というか、精神的に健全でなくなる可能性が大きい状態だよなぁなんて思うんです。
子どもを育てていると、自分はこんなにすぐイライラする人間だったのか、こんな汚い言葉遣いをする人間だったのか、物にあたったりするような人間だったのか…と、これまで知らなかった自分の一面が出てこざるを得ないくらいストレスが溜まることってよくありますよね。
これは専業兼業関係なく誰にでもあることだとは思うのですが、辛いと思ったときの気持ちの閉塞感、逃げ場のなさは専業の方が抱えやすいのではないかと思います。(なので私は早めの専業主婦卒業を目指します。)
 
 
育児ストレスを解消するための策として、
  • 一時保育利用
  • 家事を外注
  • ハイテク家電導入
  • 実家に頼る

などいろいろ方法はありますが、専業主婦で収入がない状態では利用しづらいと感じてしまいます。

金額的にはそれほど負担ではなかったり、高く見えても費用対効果は高いとは思うのですが、収入がないのにお金を払ってまで息抜きするなんてという後ろめたさがあります。

そして面倒なのですよね、一時保育…。もう無理!となったときにささっと預けるには準備がありすぎるし、地域によってはそもそも利用したい日に利用できるとは限らないし。
実家も、近ければいいのですが遠方だと準備や移動の手間がかかるしやはり費用がかかる。
じゃあお金を稼げばいいじゃない、という話になるのですが、そもそも夫の転勤等で望まずに専業主婦になり、子どもが小さいと再就職もままならないので仕方なく専業主婦を続けているという人も多い。
私も働きたいけど現実的には来年度4月じゃないと保育園入園ができなそう。(というか無職の状態からでも受かるんだろうか…不安…)
 
 
そんなことをグタグタ考えているうち、「こうだったら専業主婦でももう少し楽なのに」という妄想が湧いてきたので書いておきます。(誰得)
 
  • ワーママで保育園を利用する場合、払う保育料以上に税金での補助が大きい。専業主婦はその公的補助を受けずに自宅で子育てしているぶん、なにか還元があったらいいなぁ…ヽ(´ー`)ノ
    →一時保育月に○回まで無料権。担当保育園が全子どもに予め割り振られていて、面倒な登録や申し込みなく予約すれば簡単に利用できる。
    →専業主婦補助金を支給。
    これいいなあ↓

    幼稚園・保育園を利用せず、家庭で育児する場合は月10万円の補助金 増額にノルウェーで賛否両論(鐙麻樹) - 個人 - Yahoo!ニュース

  • 少しの勤務時間でも保育園を利用できるようになったらなぁ。専業主婦もフルタイムワーママもストレスが大きすぎるけど、勤務日数・時間の少ないパートだと保育園に入れられないのはキツイ。
  • というか、むしろ働いていなくても誰でも利用できるようになればいいのにな。
    幼稚園はだいたい満3歳の4月からが多いけど、体力がついてイヤイヤ期の2歳児をずっと家で見るのは限界があるのでは。。
    2歳になったらもう週3くらいで集団生活をしてもいい気がする。(うちの市の一時保育はリフレッシュ利用の場合週1が限度らしい。週1しかリフレッシュしないでねって言われている気になる)
 
ただ、これらは結局夢物語なので、現実にある制度をうまく利用するなどしてうまくリフレッシュするしかないですね。
私は娘が3歳になったら月一など定期的に利用する予定。3歳からは一時保育料が半額になるのです。

 

 
今日はぽよに激しく食事を拒否されたのがショックで、「もう疲れた!!」と床に突っ伏して心を無にしていたら、
こちらにトコトコやってきて頭をナデナデしてくれました。
いや…あなたが原因だからね…。いい加減食べてほしい…。
 
 
こんな光景には癒やされますが。

ソファーで寝落ち。