つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph


月経カップ、中堅ユーザー的レビュー。やはりわたしには合っているようです

昨年7月に月経カップデビューしまして、その使い心地に感動して鼻息荒いレビューを書いておりました。

www.hjerteligvelkommen.com

使い始めて早10ヶ月、経血量が多い日の宿泊を伴う旅行・結婚式参列などもカップをお供に快適に過ごすことができ、そろそろ中堅ユーザー”を名乗ってもいいのでは?なんて思うくらい慣れてきたなと感じているところ。

今回は、そんな中堅ユーザー的レビューを書いてみます。

f:id:AEKA:20200520011022p:plain



 

前提

  • 経産婦(経膣分娩2回)
  • 経血量多め。下着やシーツを汚すこともしょっちゅうあった
  • 布ナプキン使用歴あり
  • タンポン使用歴長め。15年以上は使っていた

そんなわけで、カップを入れるということや、経血をダイレクトに見る・触れることに対する抵抗感はもともと低いほうだったのではないかと思います。

わたしの使い方

生理中は基本的に毎日使っています。

生理がきたのを確認したら、まずカップを煮沸消毒。

保管容器兼煮沸容器として琺瑯コンテナを使っています。(↓まねさせていただきました!)

www.ringo-time.com

6・7日目あたり、ほぼ経血が出ておらずおりものシートのみでいけそう、となったとき使うのを終え、また煮沸消毒してトイレ内の収納へ。

(おりものシートは生理期間以外毎日使っています)

毎回のトイレのとき

具体的な使い方です。これで定まってきました。

トイレに常備しておくもの
  • 流せるおしりふき
トイレに持って入るもの
  • 500mlペットボトルに水を入れたもの
手順
  1. ナプキンが汚れているときは交換する。
  2. トイレットペーパーを適当にくるくる丸めたものを数個作る
  3. 流せるおしりふきも1・2枚出しておく
  4. 右手でカップを取り出す。
    いきんで降りてきたカップの底をつまんでちょっとへこませ引っ張る感じ。
  5. カップを左手に持ち替え、右手をトイレットペーパーで拭く。
  6. 左手で経血を捨てる。
  7. 右手でペットボトルを持ち、カップと左手をゆすぐ。(水は便器に流します)
  8. 右手でカップを持ち、濡れた左手をトイレットペーパーで軽く拭いてから再度カップを入れる。
    いつもパンチダウンフォールドでやってます。
  9. 汚れたところを全部拭いて、最後に流せるおしりふきで手をしっかり拭って終了。ペットボトルはそのまま洗面所に持っていって、軽くゆすいで適当なところに置いておく(洗濯機ラック上のかごに入れてます)

    ※1日に一度は入れずに洗面所に持っていき、泡ハンドソープで洗ってしっかりゆすいでまたトイレに戻ってから入れてます。寝る前にすることが多いかな。

わかってきたこと

  • カップを取り出すときは、引っ張るよりもいきんで出しちゃうくらいの勢いで。かなり下ろしておくとつまむだけでスムーズに出せる。
  • 入れるときは思ってるよりももっと奥に。浅いと(特に量が多い日は)すぐ下りてきてしまう。
  • ある程度奥まで押し込んで、風船みたいにふぅっと膨らむのを待ち、それからもっと奥に入れる感じ。垂直に押し込んでもよいけど回しながらだとよりスムーズかも。
  • 「下腹部が痛い」と感じるとき、ついつい「カップのせいかな」って思いがちだけどそういうときは大抵ただの生理痛。(カップを外しても普通に痛い)
  • どうしても収まりが悪く、すぐずれてきちゃうなぁという日がある。そんなときは大抵便秘気味だったり、すっきり出し切れてないときだったりする。内部で干渉してるというかなんというか…そんな感じ。

ここが最高!

前回のレビューと重なる部分多々ですがあらためて。

下着やシーツを汚すことが皆無になった

カップを入れていても、ずれる・量が多すぎるなどで漏れることはあります。が、大量にドバドバ出るわけじゃなく、ナプキンの表面を汚す程度。いわゆる「伝いモレ」は今のところ起きていません。

生理中はただでさえ極力家事をしたくないので、汚れたものを洗うという手間をかけなくていいのが本当にいいです。

ナプキン・タンポンを買う頻度が激減

わたしはカップ使用時も常にナプキンをつけているので、どうしてもナプキンを買い足す必要はあります。

でも、使う枚数が激減したので買う頻度が激減、夜用や多い日用が必要なくなったので、最安のたくさん入ってるものを買えばよくなった!

タンポンに関しては、カップ導入以来一度も買っていません。

帰省のときに使いましたが(実家や義実家でうまく使える自信がなかった)、それ以外はずっとカップを使っているのでタンポンを使う機会がありません。

  • 頻繁に買ったり、
  • 種類ごとの在庫チェックをしたり、
  • 買うときにいちいち「高いなぁ…」とちょっとしたダメージを受ける

このようなことがなくなったのが嬉しいです。

液体を液体のまま捨てられるのが合理的に感じる

子どものおむつでめちゃめちゃ感じることなのですが…「液体をわざわざ紙に吸わせてその紙を捨てなきゃならない」ことは本当に無駄というか、非合理的というか…液体のまま流したいよ!重いよ!って思いますよね。

それに近い感覚です。液体のまま流してしまえるならそれが一番合理的だなと。

わざわざナプキンに吸わせて、それを次のゴミの日まで何日も家に置いておかなきゃならない不条理さ。夏は臭ったりするし…

「溜めておいて、そのまま捨てられる」ことが思っていた以上に気分がいい。

 

その他メリットは前回のレビューでも。

読み返してみたら、メリットと感じることは当時から変わっていませんでした。

www.hjerteligvelkommen.com

ここは気になる

わたしにとってはメリットのほうが大きいのであまり問題ないのですが、ちょっと気になる点も。

(慣れるまでは)トイレに水を持っていくのが面倒

忘れてトイレに入っちゃってまた取りに行って…というのが、慣れるまでは面倒に感じてました。今は問題なし。

トイレ内に水道があるおうちであればもう完全に問題なしですね。憧れ…!

うまく入らないと焦る・トイレ滞在時間が長くなる

どうしてもうまくいかずに何度もトライしてると、トイレの時間が長くなって焦ってじんわり汗ばんできたりも…。幼稚園の送迎など、家を出る前にこれになるとめちゃめちゃ冷や汗です。そういうときはあきらめてナプキンのみにしたこともあり。

多いときは2〜3時間で漏れることも

最長12時間入れたままにできるのが月経カップの大きなメリットですが、わたしの場合経血量が多すぎるのか、2〜3時間くらいで漏れ始めることがあります。

(ただ、タンポンで2〜3時間だと漏れるどころかナプキンも限界になってしまうので、「漏れ始める」ところで留まってくれる月経カップはかなりありがたいです)

というか、いろんな方の月経カップレビューを読んでいてもここまで量が多い人はなかなかいないので、一度婦人科に行ってみたほうがいいような気がしています。。

こんなときはこうした

旅行・長時間の外出のとき

カップの経血を捨てるのはできるだけ家や宿のトイレにして、外ではなるべくしないようにしています。落ち着いてできるため。

タイミング的に外のトイレを使う必要があるときのために空のペットボトルをかばんに入れておき、トイレの個室に入る前に水道で水を入れていくことも。

移動が新幹線であれば楽で、個室内に水道がついているトイレに入れば(あれ、だいたいそうかな?)ペットボトルに水を入れるところから最後に手を洗うところまで個室内で済ませられます。

結婚式参列のとき

結婚式の会場に空のペットボトルを持ち込むのは至難の業だったので、流せるおしりふきをクラッチバッグに入れていき、経血を捨てた後のカップを拭って再度入れました。

こんな時くらいタンポン+ナプキンにしようかとも考えたのですが、運悪く一番量が多い日で、なおかついつトイレに行けるかわからず、タイミングが悪ければタンポン+ナプキンからも漏れてしまう可能性もあるのではと不安になり…より安心な月経カップ+ナプキンで臨みました。

実際経血を捨てたのは2回。会場に着いて受付をしたすぐ後と、披露宴のお色直し中です。(本当は終わってホテルに戻ってからにしたかったのですが、その披露宴が想像を絶する長さでいつ終わるか不安だったので、やむなく途中でもう一度。)

月経カップ最高です(二回目)

前回同様持ち上げまくる記事になってしまいましたが、それだけわたしには合っていたみたいです。

「生理が来る」「生理と旅行がかぶる」という憂鬱からほぼ解放されました。

合う合わないが大きいアイテムだと思うし(心理的な抵抗感とか、うまく入らないとかずれやすいとかあると思う)、気軽にお試しってわけにもいかない金額なのがなんとももどかしいところですが、

もし毎月の生理が憂鬱でしょうがなく、それが少しでも月経カップで解消される可能性がありそうと思われた方はぜひ試してみてほしいなと思います。

掃除機界でいうルンバのような革命的なアイテムだとわたしは思ってます

▼わたしが使っているカップはこれ。 

 

筆者:あえか(id:AEKA)
自由につづり、自由に描く。