つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph


【無印良品】卓上ほうき、ほうきを内側にするといいですよって話【小ネタ集】

こんばんは。最近ブログがストレス解消のあえかです。

できるだけたくさん記事を書きたい!ということで、今回のような小ネタもすき間時間にちょこちょこ書けたらいいなと思っております。

 

というわけで小ネタ集第一弾、

無印の『卓上ほうき(ちりとり付き)』についてです。

我が家の無印グッズの中でもかなり愛用しているもの。

 

定価390円、今なら無印良品週間なので351円ですね。

 

 

フックにかけるとき、ほうき側を内側にするとぴったり密着します

夜な夜なブログ巡りをしているとよく見かけるこのほうき。

子どもの食べこぼしをササッと掃除するのに重宝しますよね!

我が家でもダイニングテーブルの近くに常備しています。

 

で、使っていらっしゃる方々の写真を拝見していて気づくのが、

「意外とほうきが見えるようにかけてる方が多いんだなぁ」ということ。

私も買ってしばらくはそうしてました。

 

こうですね。

 

ただある時ふと気づいたんです、

ほうきを内側にしてかけると、ちりとりが壁にピッタリ密着するようになってるのです!

どや!ってな書きぶりですが、みんな知ってますかね。そしたらすみません。てへ。友達少ないからわからないの。

 

比べてみます。

ほうきを表にしたとき。

 

ほうきを内側にしたとき。

壁のすき間がなくなって、ぴったりフィット!

壁から浮いてないので、グラグラ揺れるのも少なくなります。

 

副産物として、こうするとほうき感が少なくなるので、ダイニングテーブルの近くにかけるのにも抵抗が少なくなります。

 

うちでは今こんな感じなんですが、ほうき丸出しでこの位置は、食べ物に近いしちょっとばっちいな…とさすがの私でも思います。が、これなら許容範囲。

(とはいえやなりテーブル面に近いな…もっとフックを下げようかな。)

 

目立つ場所に置いてもできるだけ生活感が出ないようになっているこの工夫、さすが無印さん!

きっと開発時にここまで考えられてると思うので、せっかくならもっとアピールしたらよいと思います。

(商品にもオンラインストアにも書いてなかったと思う。)

 

収納方法としては、こうやって自立するのもいいですよね。

良品週間中に、トイレ用・玄関用に買い足したいなと思っているところ。

 

以上です。

ほんとに小ネタです。おせっかいさんの独り言ということで。

またちょこちょこ小ネタ書いていこうかと思います。

(あとマニュアルフォーカスの練習として写真撮るのもなにげに楽しいのです。無駄にオールドレンズやマクロレンズで撮ってます笑)

 

▼最近写真を撮りまくった記事

 

▼ストレス解消に書き殴っています

 

それではまた。おやすみなさい!

 

筆者:あえか(id:AEKA)
自由につづり、自由に描く。