つづるgraph

自由につづり、自由に描く。

つづるgraph


仮想夫に惑わされないように、夫がしてくれる名もなき家事を挙げる

 

最近どんどんTwitterへの出現率がアップしているような気がするあえかです。

 

Twitter等のSNSを利用するにあたって気をつけなきゃなと思っているのは、

ネット上の人の意見を自分の意見と勘違いしないようにせねば、ということ。

 

何かに対して小さなモヤモヤなどのネガティブ寄りな気持ちを抱いているとき、

同じ方向の、でももっとエネルギーの大きな意見を目にすると

そちらに気持ちが持っていかれそうになることがあるんです。

 

例えば夫に対して「もっと早く帰れる日があるといいのになぁ」とかるーく感じただけなのに、

家事をしない夫に対するとても過激なつぶやきが目に入ってくると、

「ほんっとその通り!!!」「なんでこんなに帰りが遅いの!?」「家のことはほったらかし!?!?」と、わたしの気持ちもどんどんヒートアップしてしまう。

両親や義両親に対する気持ちもそう。過激なものを見ると引きずられがち。

特になんとも感じていなかったことに対しても、激しい愚痴を見ていると「ん?もしかしてうちもそうかも…」「やっぱそうだよね?おかしいよね!?」といった具合に気になるようになってしまうのです。

 

でも、そうやってネットを通した仮想夫にひとりでいら立ちを募らせていると、実際の夫との関係もこじれがち。

リアル夫に向き合い、リアル夫をよく見て、リアル夫と話さねばと思うのです。

(ま、そのためにもっと帰宅早くならないかなーって思うんですけどね…)

 

それで、仮想夫のイメージに引きずられないよう、いつも夫がしてくれている名もなき家事に目を向けて、感謝の気持ちを再確認したい!

ということで、リストアップしてみました。

 

夫がしてくれる名もなき(含:名のある)家事リストアップ

毎晩お風呂の排水口の髪の毛を捨てる

子どもたちのお風呂もだんだん手がかからなくなってきたので、毎日入浴中および上がる前にかるーく掃除をするようにしています。といってもスクイージーで水滴を除去するとか、気になったところのみスポンジやブラシでこするくらいですが。

とはいえ、お風呂上がりはどうしてもバタバタしがちでつい排水口の髪の毛をとるところまで意識はいかず…なのでやってもらえて非常にありがたい。

というかぶっちゃけますと、わたしの中に毎日排水口の髪の毛を捨てるという概念がなかったんですよね。。だから忘れちゃう。

夫も前は毎日やってなかったんだけどなぁ。子どもが生まれてからきれい好きになりました。

 

炊飯器の内ぶたをたまに洗ってくれる

これもわたしずっと放置してしまうタイプで…気づいてやってくれてありがたいです。。

 

お茶がなくなったら作ってくれる

これ、よくTwitterなんかで妻側から夫側へ「なくなったら次作って!数センチ残して冷蔵庫に戻さないで!」という愚痴を見るやつですが…我が家ではわたしがやりがちでして。。

以前やってくれたことにめちゃくちゃ感謝の意を表したら、それから頻繁にやってくれるようになりました。

 

関連して、

  • 自動製氷機のタンクに水を入れる
  • 冷蔵庫に炭酸水を入れる
  • トイレットペーパー

など、補充系のことはたいていやってくれている。わたしよりよっぽどマメです。

 

パンパンになったゴミ箱を空にしてくれる

脱衣所に置いてあるちっちゃいゴミ箱、わたしはパンパンになってるのに気づいてもぎゅうぎゅう押し込んで次の回収日までしのごうとするんです…それを見かねた夫が空にしておいてくれます。

書いてると自分のズボラさが浮き彫りになってくるな…つらい

 

寝具の始末

全員起床したあと、掛け布団を整えたり三つ折りマットレスを立てたり枕を立てかけたりというのを、気づいたらやってくれています。

朝はバタバタしがちなので助かる。

 

自分が使った食器をちゃちゃっと洗う

自分が食事を終えると、気づかないうちにお皿を下げてちゃちゃっと洗ってしまっています。

(実を言うとわたし、まだわたしが食事中なのに立ち上がられたりガチャガチャ洗い物されるの好きじゃないんですが…でも厚意でやってくれていることだし、確かに助かるのでやってもらっています。)

 

お弁当箱の始末

最近お弁当を持っていくようになった夫。帰宅後にもしれっとお弁当箱を洗っています。

理想的には、お弁当箱を洗う前にカゴ内の既に洗ってある食器を片付けてもらえると更に嬉しかったりするんですが(洗い物はせずとも食器を片付けてもらうだけでもよい)、

これもせっかくやってくれていることなので口出しせずです。

 

散らかった部屋の片付け

子どもが放置したおもちゃをざっくり片付ける、私が脱いでそのまま放置した服(おい)を見つけてどうするか聞く、床に落ちたゴミや髪の毛などを拾う…などなど、汚部屋にならぬようキープしてくれているのは夫です。

 

私のご機嫌取り

「寝かしつけが終わってなんとか起きてきたときにアイスが食べたいんだよぉ!」という私の嘆きを聞いてからたまにアイスを買ってきてくれる!

先日は付き合い始めた記念日ということでハーゲンダッツを買ってきてくれた。神か。

 

休日の洗濯物干し

休日は家族でおでかけが多い我が家。たいていわたしの方が外出の準備に時間がかかるので、洗濯物干しは夫が率先してやってくれます。

正直、しょーーうじきに言えば、わたしが干したい。自分の服に使うハンガーなど、微妙なこだわりがあったりするので。

でもやってもらえるときは何も言わず任せます。夫もたまには外の空気にあたりながら洗濯物を干したいらしい(ほんとかな?わたしに気を遣わせないために言ってるのかも)。

あと洗濯物を取り込んだり、ちょっとした隙に洗濯物を畳んだり。

 

書き出してみると

もっともっとあるのだけど一旦終わり。

書き出してみると、

夫はかなり家事をしてくれてるし、わたしはいちいち口うるさいことを思いがちということが判明。

(なんだか、家にいる間は目についた家事だいたいやってくれているような気がしてきました)

 

 ただやはり今後もポリシーとして、

「家事には自分なりのこだわりを持ちがちだが、それは相手もまた然り。

家事をわたしだけの仕事にしてしまわないため、相手のやり方に口出しはしない」

ことは心がけていこうかと思います。

 

あとは

「Twitterで愚痴ってちょこちょこガス抜きをするのも大事、

でも大量放出しない」も気をつけます。

愚痴ツイートをすると似たようなツイートばかり目に入るようになってきて(そういう仕組みになってるのかな?)しんどいんですよね。夫と離婚したいとかモラハラ夫とかさ。。そういうしんどいのは片っ端からミュートしちゃう

 

Twitterのよき使い方、今後も模索しようと思います。

 

わたしのTwitterの基本方針です

 

最近はカメラ系のつぶやきも多しです

 

 

 

 こんな記事も書いていた。

www.hjerteligvelkommen.com

 

 

筆者:あえか(id:AEKA)
自由につづり、自由に描く。